fc2ブログ
2023/12/30

景観100選 109・110 フルーツライン・栗本堰の円形分水工 (2016年7月25日)

フルーツライン

  桃の生産量が全国第2位を誇る福島県 (29,300t)、ちなみに1位は山梨県の39,100tで、3位は長野県の15,400t (2014.1.14発表)、この3県でじつに全国の70%のシェアを占める。7月下旬になると、フルーツライン (広域農道) 沿いの観光果樹園桃狩りを楽しむことができる。この時期は「日川白鳳」や「暁星」、そして福島県主力の「あかつき」などの品種だ。(福島市のHP参照)


 フルーツライン (広域農道) 
P7259523


 たわわに実った桃
P7259530


 食べごろかな ?
P7259531



景観100選 110  (2016年4月8日)

本堰の円形分水工

 栗本堰は江戸時代に栗本三左衛門が開削した用水路。かつては、信夫郡の笹生村、笹谷村、平野村と福島市の清水、鎌田地区にまたがる水田1000㌶のかんがい用水 (一般用水も含む) を、松川左岸の栗本堰、一の堰、笹谷大堰の三堰が個々に引水していた。

 しかし各堰とも不完全な堰で、毎年のように多額な費用をかけて取水設備を補修する必要があった。さらに、下流の水田の植付時期が遅れ、稲作に大きな被害をもたらしていた。そこで昭和21年から25年にかけ、県営用水路改良事業として三つの堰を合併。松川砂防堰提を利用して取水口を設け、旧水路を広げさらに新水路を開削、官民一体となって現在の形に完成した。(「水土楽ネット」参照)


  栗本堰
P4080040


 分水工の脇にある桜
P4080041


円形分水工
P4080036


 建設当時、円形分水工は画期的な工作物だった。円の中心から湧き出す水を、周りの28個の分水口から灌漑用水を配分。その割合は水田耕作面積によって大笹生地区方面が10口、笹谷地区方面が18口である。この円形分水工は、水量の調整が可能で、分水量の公平性が維持される構造となっている。(「水土楽ネット」参照)


断面図


Copyright  (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント