fc2ブログ
2023/09/19

回想の館288.美ら海水族館

沖縄県本部町・2012年9月6日

ジンベエザメが泳ぐ 美 (ちゅ) ら海水族館
地図

 2002年に開館した沖縄
 (ちゅ) ら海水族館は、77の水槽で約740種2万1000点の生き物を展示し、世界有数の規模を誇っている。その前身は、1975年に開催された国際海洋博覧会の海洋生物園を引き継いだ水族館だ。当時も今も、沖縄の海に暮らす生き物たちの生き生きとした姿を見せてくれる。
 
 沖縄美ら海水族館は、ジンベエザメの長期飼育記録や複数飼育、さらに世界で初めてナンヨウマンタの繁殖などを次々と成功させた。そのカギとなるのが、沖合い300mから引いてきた新鮮な海水を館内の水槽に循環させるシステムだ。さらに自然光を取り入れることで、できるだけ自然に近い状態を保っている。 


 水族館入口 
PA140058


 イノー (サンゴに囲まれた穏やかな海) の生き物
PA140062


 鮮やかな色の熱帯魚
  浅瀬から薄暗い洞窟まで水槽がつながり、そのなかを魚たちが自由に泳いでいる。 
PA140063


 像のような鼻の魚 
PA140074


 エビ?
PA140081


 サンゴの海
    自然光を直接取り込み新鮮な海水を供給することで、生きたサンゴの大規模飼育に世界で初めて成功した。 
PA140084


 上目づかいの魚
PA140087


 タツノオトシゴ 
PA140091


 「黒潮の海」   長さ35m、深さ10m、幅27mの水槽に7500立方㍍の海水をたたえる巨大水槽。
PA140107


 8.7m 世界最大の魚 ジンベエザメ   
PA140097


 ジンベエザメとナンヨウマンタ (繁殖に成功したのは世界初)
PA140106


Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント