fc2ブログ
2023/08/26

回想の館264.曳山展示場 ~ 旧高取邸

佐賀県唐津市・2012年5月20日

唐津くんち 曳山展示場
地図

 唐津の城下町は城が築かれてから始まるが、町人衆の産土神である唐津神社の祭りは古くから行われていた。文政2(1819) 年に刀町が赤獅子を奉納、以来明治9年までの57年間に15台の曳山 (うち紺屋町の黒獅子は明治中期に消滅) が次々と奉納された。唐津神祭は唐津神社の秋季例大祭で、一般に「唐津くんち」と呼ばれている。「供日」と書いて「くんち」と読まれることから、収穫感謝の祭りとされ、毎年11月3~4日に行われてきた。
 
 宵曳山 (よいやま・2日の夜) ... 14台の曳山が飾り提灯に彩られ、華麗な巡行が展開される。
 
 3日 (文化の日) ... 唐津大明神が御神幸される日で、曳山は神輿にお供する。意匠を凝らしたいなせな法被姿の曳子たちが、各町ごとに笛や太鼓の曳山囃子を連れて、あるときは走り、あるときは緩く市中を曳き回る。 なかでも西の浜での曳き込みは圧巻で、重さ2~4トンもある曳山が轍も深く競い合い、必死に砂地に挑む姿は数万の観衆を魅了する。
 
 4日 ... 御神幸はなく、町々の順路をゆっくりと曳き回る。 (曳山展示場のパンフ参照)


 1番曳山 赤獅子 (左・刀町)
P5204926


 3番曳山 亀と浦島太郎 (材木町)
P5204931


 4番曳山 源義経の兜 (左・呉服町)
 5番曳山 鯛 (中央・魚屋町)
 6番曳山 鳳凰丸 (右・大石町)
P5204930


 8番曳山 金獅子 (本町) 
P5204925


   9番曳山 武田信玄の兜 (左・木綿町)
  10番曳山 上杉家謙信の兜 (右・平野町)
P5204924


 12番曳山 珠取獅子 (京町)
P5204935


 13番曳山  (水主町)
P5204936


 14番曳山 七宝丸 (江川町)
P5204937



佐賀県唐津市・2012年5月20日

旧高取邸 (国指定重文)
 
  旧高取邸は、杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好 (これよし・1850~1927) の邸宅。唐津城本丸の西南、西の浜と呼ばれる海岸沿いに、2300坪の広大な敷地に大きく2棟の建物がある。近代和風建築の調査でその重要性が確認され、平成10年に国の重要文化財に指定された。
 
   和風を基調としながらアールヌーボー調の洋間を持ち、大広間には能舞台を設けるなど独特のつくりになっている。また、各所にしつらえた杉戸絵欄間などの意匠も見逃せない。(残念
ながら撮影禁止) 花鳥風月や中国の故事などを題材とした杉戸絵は、幽玄の世界へと誘い、孔雀や千鳥、ウサギなどを曲線で描いた欄間は、アールヌーボー調に美しく彩られていた。 


 本玄関と洋間
P5204914


 大玄関
P5204916


 大広間棟 
P5204920


 大広間棟
P5204917


 居間棟 
P5204922


   庭 
P5204918


 平面図
旧高取邸平面図



Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント