fc2ブログ
2022/11/05

回想の山127.九重山 ~ 阿蘇山

大分県・2012年6月4日

ミヤマキリシマ咲く 九重山 (百名山・1791m)
地図

 九重連山は、九州本土の最高峰の中岳 (1,791m) をはじめ1,700m以上の山が10座もあり、九州の屋根と言われている。かつて、山の名前は「九重」と「久住」 のどっち ... の論争があってなかなか収束しなかった。近年、「九重山」を山群の総称として、また「久住山」を主峰 (1,787m) の山頂名と呼ぶことに落ち着いたようだ。その背景には、大分県久住(くじゅう)町と九重(ここのえ)町の引き合いがあったという。
 
 ほとんどがトロイデ型の休火山で、一部を除いて樹木は少なく草原で覆われている。そして、いたるところにミヤマキリシマの群落があり、国指定の天然記念物となっている。山群の北には飯田高原、南には久住高原があり、国内屈指の美しい火山性草原。また、山群の中心部にある少盆地が「坊がつる」で、その南端に法華院温泉 (標高1303m) がある。 
 
  6月4日、南阿蘇村の温泉旅館を出発 ~ 国道57号線 ~ 県道11号線 (山なみハイウェイ) ~ 池山水源(名水百選) ~ 山なみハイウェイ ~ 登山口の長者原ビジターセンターに到着。センター前の駐車場に車をデポし、登山靴に履き替え九州自然歩道を歩き始めた。トレッキングのお目当てはなんといってもミヤマキリシマの群落。登山道の傍らにも咲いてたし、山頂付近を見上げるとポツポツとピンク色に染まっており、期待で胸が高まる。♪
 
 坊がつるに着いたのはちょうどお昼ごろだった。ところが昼食を済ませこれから登ろうというとき、雲行きが怪しくなって無情の雨。ミヤマキリシマの群落を間近で見れる大船山の段腹か平治岳まで登り、法華院温泉に泊まることも考えた。しかし、今後の旅行日程を考慮し、後ろ髪引かれる思いで引き返すことに。 この日は「やまなみ牧場」の温泉  に浸かり、長者原ビジターセンターの駐車場で無念の車中泊となった。


 雨ケ池付近 
P7120001


 ミヤマキリシマの群落
P6046076


 ミヤマキリシマ 
P7120008


 坊がつるキャンプ場
P7120009


 急にガスってきた
P7130012


 ミヤマキリシマでピンク色に染まる山頂付近
P7130018



2012年6月3日・熊本県

世界最大のカルデラ 阿蘇山 (百名山・1592m)
地図

 阿蘇山は、カルデラの山々とその中央部にあるいくつかの火山で構成されている。このカルデラは周囲128km、東西の内径18km、南北の内径24kmで、7つの町村と鉄道や温泉を抱え世界最大だ。 

 登山対象となるのはカルデラの山々と中央部の山々で、カルデラ北側の山が北外輪山、南側が南外輪山だ。中央部の山々は中央火口丘群で、東から根子岳、高岳 (最高峰)、中岳、烏帽子岳、杵島岳と東西方向に並び阿蘇五岳と呼ばれている。
 
 阿蘇山は今なお噴煙を上げ、ときどき遭難者を出す活火山。 風向きによっては有毒な火山ガスが流れて危険な状態になる。仙酔峡ロープウェイが運休で登山は断念せざるをえなかった。  


 火口を示す標柱
P7120012


 噴煙を上げる中岳火口 
P7120017


 火口の中をのぞいて見ると ... 
P6036045


 グランドキャニオンを彷彿とさせる景観
P6036052

 
 砂千里方面 
P6036051


 高岳 (標高1592m) 
P6036042


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
スポンサーサイト