fc2ブログ
2022/10/30

回想の滝121.眞名井の滝 ~ 雪輪の滝

宮崎県高千穂町・2012年6月11日

高千穂峡 眞名井の滝 (滝百選・17m)
地図
 
 朝食後すぐ天岩戸神社近くの民宿を発ち、観光名所の高千穂峡へ行った。駐車場から続く遊歩道をたどれば真名井の滝にアプローチできるが、滝下の景観を見るにはボートに乗らなければならない。
 
 高千穂峡は、阿蘇山から噴出した溶結凝灰岩が、五ヶ瀬川の侵食によって高さ80~100mにおよぶ柱状節理の断崖となったもの。その絶壁の途中から、真名井の滝が峡谷の碧水へと優雅に落下している。滝の周辺は、垂直に切り立った断崖が両側から迫って深い淵となり、神話の里に似つかわしい神秘的な雰囲気が漂っていた。


 高千穂峡
P6036010


 柱状節理の断崖
P6036009


 ボートに乗ってみた
P6036006


  真名井の滝
P6036008



2012年6月3日・愛媛県宇和島市

渓流瀑 雪輪の滝 (滝百選・300m)

 入口の万年橋から歩いて30分ほどで雪輪の滝に着いた。大きな一枚の岩を流れる水が、まるで大きな雪の輪のように落下する様が、この滝の名の由来ともなっていて、日本の滝百選にも選ばれている。優美で華麗、女性的な名瀑だ。

 すぐ側にある落合淵は滑床渓谷で最も深い水の色をしており、見ていると思わず引き込まれそうになる。この滝の上流にも、千畳敷や奥千畳といった見どころもあるようだが、時間もないので引き返した。
 

 滝見台から見える最前面の滝、この奥にもあり、落差の総計は300m
P5030132


 まるで雪の輪のように滑り落ちる
P5030133


 濃紺の水を湛える落合淵
P5030135


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
スポンサーサイト