fc2ブログ
2022/02/17

回想の里250.東祖谷落合 ~ 平家の落人伝説

徳島県三好市・2011年10年3日

「天界の村」...  東祖谷落合
地図

 「四国山地東部にある徳島県祖谷地域は、日本を代表する秘境として知られる。我が国の秘境は西日本(中央構造線の)外帯山地に多く、落人伝説焼畑農業、そして山腹に立地する「天界の村」の分布地域と重なるのである。」 ちなみに岐阜県の白川郷、宮崎県の椎葉村、そしてこの徳島県の祖谷郷が日本三大秘境とされている。
 
 「山の中腹に集落が形成される天界の村のなかでも、四国山地東部はその数と規模において我が国随一。三好市東祖谷落合集落は、つるぎ町大宗赤松集落とともに代表的なものである。落合集落は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。保存地区には江戸中期から末期にかけて建てられた主屋が多く残されており、耕作地や神社、石垣、里道などの集落環境と一体となった歴史的風致を良く伝えている。」  (いらかぐみ「集落町並walker」野村万訪氏)


 祖谷川の対岸にある 落合集落展望所 
PA031441


 ビューポイントから望む落合集落の全景 
PA031443


 主屋と納屋を谷側を正面に等高線上に並べ、前面に農作業場を設けている。
PA031457



PA031454



PA031455


 「平家伝説の里・東祖谷落合集落」の説明板
PA031442



落人伝説の地をめぐる

   私がこれまで、山歩きやまちなみ~里めぐりなどをしてきたなかで、平家の落人伝説にゆかりのある地域を列挙してみました。 
 
 
 福島県檜枝岐村 
... 平家方として落ち延びた者が土着し、星姓・平野姓を称したといわれて 
                          います。         
 茨城県大子町 ... 平家方についた大庭景親の残党が落ち延びたとされています。
 
 栃木県日光市湯西川 
... 平忠房の忘れがたみやその一族は、高原山で源氏方に見つかってしま
                               い、湯西川に逃れたという伝説がありました。
 
 長野県栄村秋山郷 ... 平勝秀が落ち延びたとされています。
 
 富山県南砺市五箇山 ... 倶利伽羅峠の戦いで破れた者の子孫が住みついたという説がありま
                               す。   
  奈良県十津川村 ... 村内の山中に、平維盛の墓と伝えられる祠があります。
 
 和歌山県那智勝浦町口色川 ... 屋島から逃亡した平家の残党が隠れ住んだとの伝えがあり、平
                                        維盛の子・光盛の墓が残されていました。
 
 徳島県三好市東祖谷 ... 屋島の戦いに敗れた平国盛の残党が、讃岐から阿波へと入り住みつい
                               たと伝えられています。東祖谷阿佐集落に平家の末裔といわれる阿佐氏
                               が居住し、平家屋敷や平家の赤旗 (軍旗) が数百年前から現存していま
                               す。 
 高知県越智町横倉山 ... 安徳天皇陵参考地があり、屋島から辿り着いた平家の落人が、この周
                               辺に分散して隠棲したとのいい伝えがありました 。
 
 その他に、愛媛県八幡浜市保内町平家谷、熊本県八代市泉村五家荘などが知られています。 
 
 しかし、怪しげなものまでをふくめると、全国各地に数え切れないほど存在しているでしょう。また、ほんとうの平家の末裔たちは、落人集落のあまりの不便さに、意外にも都会でひっそりと暮らしているのかもしれませんね。
 
   かつて、桧枝岐村では凶作の年には餓死者が出るほどでした。幼子が間引きされることも珍しくはなく、六地蔵はその幼子たちの霊を弔ったもので、悲惨な歴史を語っています。平地が少なく冷涼で米作は無理ですから、食べるものは稗などの雑穀ばかり...平地の里に比べるとその貧しさは歴然としています。
 
 秋山郷は、今でこそ車で行けますが積雪7mの記録が残る秘境。江戸期の鈴木牧之は「北越雪譜」のなかで、秋山郷には文字を読める住人はいなかったと記しています。秋山郷民俗資料館の方の話によれば、平家の落人であるという資料は何も残っていないとのことです。
 
 「貴種流離譚」という言葉があります。「自分たちは、今でこそ山奥で貧しい暮らしをしているが、もともとは平家の末裔で高貴なんだ。」  そう思わずには生きていけなかった、ほんとうのところはこのへんにあるような気がします。 


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト