fc2ブログ
2020/02/04

2020.1.15 国立故宮博物院 (台湾)

国立故宮博物院
地図

 1月15日の朝7時30分に花蓮市内のホテルを発ち ~ ツアー専用バスで市内を移動 ~ 花蓮駅11時08分発の特急列車に乗る ~ 台湾鉄道の弁当を列車内で食べる ~ 13時21分、台北着 ~ ツアー専用バスで台北市内の茶芸館をめざす ~ 14時05分に茶芸館着、お茶セミナーを受け烏龍茶を購入 ~ ツアー専用バスで市内を移動 ~ 15時55分に故宮博物院着、台湾人ガイドの解説により故宮博物院を見学 


 台北の郊外にある国立故宮博物院は、主に中国歴代の皇帝が所有していた芸術品や財宝を収蔵・展示する中華文明の殿堂である。収蔵品は69万点以上にのぼり、これら全てを見るには8年以上要するという。中華文明のコレクションにおいては世界一の博物館だ。私たちツアー一行は、現地ガイドの解説により2時間ほど駆け足で見学した。 (ダイヤモンドビッグ社「地球の歩き方・台湾」参照)



 名宝・翠玉白菜を解説する現地ガイド
P1150050


 翠玉白菜 ... 博物院の2大名宝のひとつとされる (他は肉形石)
P1150052


 翠玉白菜の解説文
P1150053


 古代遺跡からの出土品
P1150055


 白 磁 ... 宋代、汝窯の青磁と双璧をなした
P1150060


 青 磁 ... 芸術文化が開花した宋代は、陶磁器の黄金時代といわれ数多くの名品が誕生し
  た。なかでも、その色合いが「雨過天青」と称される汝窯は、完成度の高さから多くの青
  磁のなかでも群を抜く存在である。
P1150063


 青 磁 ... 真偽のほどは定かでないが、現地ガイドはこれらの青磁1点をオークションにか
  けれは数十億円は下らないと語った。
P1150065


    汝鎌の解説文
P1150061



P1150057


 
 1月16日の朝7時40分に台北市内のホテルを発ち ~ ツアー専用バスで桃園空港へ向かう ~  8時40分に桃園空港着 ~ 台北10時55分発のPeach航空MM0776便  ~ 15時05分に仙台空港着 ~ 三英駐車場にデポしていた車で国道4号線南下 ~ 17時45分、自宅に到着 (走行距離は69.5km)

(C) 2007-2020 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント