fc2ブログ
2011/03/21

屋内退避地域の現状(続報)

福島原発の屋内退避地域 (南相馬)で
進行している恐るべき現実!!!(続報)
 
 ブログ友のhiroさんが見過ごしできない記事を載せていたので、支援者に届くことを願って転載させていただきます。国の原子力保安院は「屋内退避」の網をかぶせる際、このような事態を想定しなかったのだろうか?
 
 南相馬市は、東京電力福島第一原子力発電所からの20km圏内退避地区、30km圏内屋内退避地区、30km圏外にまたがり、その対応が極めて困難な地域です。
 今日になって少し動きがありました。RFCラジオ福島で、南相馬市の桜井市長のインタビューが何度も放送されています。その概要を以下にまとめます。
 
【市長談話の概要】
  ※聞き取り記録のため、表現とニュアンスが違う部分があるかと思いますが、お許し下さい
 
◎30km圏内の退避地区に指定されたことにより、経済活動がストップしている。避難所への支援物資は入ってきたが、商店も閉ざされ、自宅残留の市民には過酷な状況を強いる事態となっている。
 
◎現在までの測定では、放射性物質の測定値は極めて低レベルである。
 
◎市の人口は約71,000人だが、自主退避と、市の避難誘導とにより、現在の居住者は2万人程度と見込まれる。
 
◎今日初めて給油所が稼働して車が並んだが、降雨による退避で給油ができなくなり、多くの市民から苦情があった。
 
◎水の供給や、漏水の手当てなどは市の職員が行っている。職員もかなり疲弊してきている。
 
◎これまで地域経済と雇用確保を担って頂いた事業所が操業できない状況となっており、このままでは倒産に追い込まれかねない。本来なら、市がこうした事業所を支援すべきなのだが、それがかなわない。
 
◎今日(3/21)、東電職員2人が初めて訪ねてきたこれまでは、電話1本、情報提供の1本もなかった。国と東電の全責任において、この状況を回復する声明を出すよう要請した。
 
◎また、官邸にも30km規制の解除を申し入れた。この規制が有る限り、ボランティアも自己責任の範囲内でしか活動できない。ボランティアの自由な活動を支援することもできない。
 
◎今のままでは、経済活動の再開が不可能なので、全国から声を上げて欲しい。
 
 ラジオ福島では、このことを全国ネットに乗せると発表しています。おそらく、いわき市も同様の状況ではないかと推察されます。ボランティアも入れないような状況をなんとか打開できるよう、広く発信していただければ幸いです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

半径30km内の屋内退避は一番大変なようですね。
周りからも支援もなく物資も燃料も届かなくて・・・
しかも屋外に出ることもままならない状況。
そして車の燃料もないなんて・・・
原発事故が早く終息することを祈るばかりです。

No title

がんじがらめになっている状況が分かりました。
想定すること、見守ること、手当てすること、基本的な姿勢に欠けていますね・・・
「人民の命と財産を守る」のが使命のはず・・・
国の公務員はなにやってんだ?! 地方の公務員はどこも懸命にやってます。

No title

keiさん、転載ありがとうございました。
福島県民の私は、これを簡単に人災と言い切ることができないんです。
40年以上も前に原発の設置を選択したのは福島県です。
1箇所に6基という異常な原子炉の集中を認めたのも地元です。
そのような古い原発の継続操業を認めたのも福島県です。
さらなる原発増設を要望したのは、退避した立地地域の町長です。
それを支持したのは住民です。
原発に依拠しながら地域を発展させてきたのは事実です。
だから、被害が県外や国外に及ぶことに心を痛めます。

これが人災だとすれば、事故後の対応のまずさです。
外部電源からの通電によって冷却されるそうですが、塩水をかぶったパソコンの電源をオンにするようなものではないでしょうか。
簡単には終息しないと思います。

No title

ちゃうちゃうさん、こんにちは。25日、枝野官房長官が20~30km圏内にいる人たちは「自主避難」をするように要請しました。
しかし、これに対し地元からは「どうとでもとれる内容で判然としない」という批判があるようです。国や東電の対応には憤りを感じます。

No title

じゃらんカメラさん、こんにちは。霞ヶ関の官僚の上から目線の姿勢は今に始まったことではありません。こうした災害時におけるボランティア体験を義務付けるのはどうでしょう?

No title

keiさん、こんばんは。
こちらへのコメント、ありがとうございました。
流れに逆行して福島へとのお話ですが、来週火曜日以降、南風に乗って放射性物質が福島市に流れてくる危険が高くなっています。
気象情報にご注意ください。
今回の国の対応はひどいです。どういう結末を想定しているのか全く公表していないのに、小出しに出す情報を「透明性高い」と自画自賛しています。あきれた話です。
これは明らかに人災ですが、いまだにパフォーマンス的な記者会見ができる余裕があるということは、人災の拡大防止に「全力」では取り組んでいないということだと思います。

No title

こんばんは。
原発問題は沖縄の基地問題とも似ていて
とても複雑な問題だと思います。
原発立地の町はたしかに原発からの恩恵にあずかったの事実ですが
国民もまたその電力で豊かな生活を享受してきたのですから
国民全員がこの問題を真剣に考えなければならないと思います。
基地もゴミ捨て場も火葬場も墓地も必要なのは分っているけど
みな自分の隣りには来て欲しくない。
原発もまたそんな難問の一つですね。

No title

hiroさん、こんにちは。♪ 首相官邸、経産省原子力保安院、東電がそれぞれに記者会見し、国民に情報発信してますね。地方分権をマニュフェストに掲げてた民主党政権が、どうして原発事故対策本部を地域の実情をいちばん知りえる福島県庁に置けないのでしょうか...そう思いませんか?

No title

ryuさん、こんにちは。♪ おっしゃるとおり、難しい問題ですよね。原子力発電に代わるものとして水力発電、風力発電、太陽光発電などがありますね。ただ火力発電への移行は地球温暖化を増大するという難点があります。(~_~)