fc2ブログ
2024/01/21

回想の花21.日輪寺の桜 (福島県本宮市・2017年4月19日)

日輪寺の枝垂桜

   この桜は幹が根元から枝分かれした双樹の巨木で、枝の広がりは東西16m、南北18.5mに及ぶ。例年4月上旬 ~ 中旬ころに満開を迎える。地表近くまで垂れ下がった枝に、淡紅色の花が一斉に咲く姿はこのうえなく優美だ。 枝垂れ桜花番付では東の大関にランクインしている。由来は所有者である諏訪家の墓の石灯籠に刻まれており、推定樹齢は200年。桜は墓のなかにあるので、墓守の桜として植えられたと推測される。 (案内板&本宮市のHP参照)


 日輪寺の山門
P4140064


 優美な樹形
P4140070


 日輪寺境内の墓
P4140081


 妖艶な雰囲気すら漂う
P4140080


 地表近くまで枝垂れる
P4140075


 日輪寺の小堂
P4140094


 諏訪家の墓所にある
P4140090


 推定樹齢200年
P4140091


枝垂れ桜花番付
枝垂桜・花番付

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/20

回想の花20.浪岡邸の花 (福島県三春町・2017年4月19日)

浪岡邸の桜

 お城坂の枝垂れ桜は、城山 (田村藩の三春城) 公園中腹の浪岡邸に咲く3の枝垂れ桜。なかでも推定樹齢400年という真ん中の桜がみごとだ。枝垂れ桜花番付では西の大関にランクインしている。ご当主はツアー客を接待に付きっきりで、残念ながら他の2本がどれなのかお聞きすることはできなかった。 (三春町のHP参照)


 お城坂の入口にある
洋館 (旧遠藤眼科)
P4190141


 急傾斜のお城坂を上る 
P4190125


 
浪岡邸の庭
P4190140


 これが真ん中の
P4190131


 浪岡邸の桜 (推定樹齢400年)
P4190135


枝垂れ桜花番付
枝垂桜・花番付

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/19

回想の花19.福聚寺の桜 (福島県三春町・2017年4月19日)

福聚寺の桜

 福聚寺は暦応2(1339) 年に復庵宗己が開山し、永正元 (1504) 年、田村義顕が現在地へ移転したと伝わる。戦国時代に三春を支配した田村氏の義顕 ~ 隆顕 ~ 清顕は「田村三代」と呼ばれているが、福聚寺にはこの田村三代の墓がある。

 福聚寺の境内にある2本の枝垂れ桜は、樹齢がそれぞれ250年450年と伝わるベニシダレの古木。長く枝垂れた枝いっぱいに薄紅色の花を咲かせる姿は、見目麗しく艶やかだ。満開時には、背後の竹林や杉林の濃い緑が桜花を浮かび上がらせ圧巻。枝垂れ桜花番付では東の大関にランクインしている。 (「東北夢の桜街道」参照)


 福聚寺の桜の遠景
P4190084


 左の小さな桜は推定樹齢250年の大きな桜は推定樹齢450年
P4190087


 山門前から2本の桜を仰ぎ見る 
P4190105


 寺の境内
P4190108


 建物の間に見える樹齢250年の桜 
P4190099


 住職 (玄侑宗久氏の住まい ... 芥川賞を受賞した作家でもある
P4190094


 桜に包まれた墓地
P4190097


 樹齢450年の桜
P4190113


 背後の杉の深緑が花を鮮やかに浮かび上がらせる
P4190116


 枝垂れ桜花番付
枝垂桜・花番付


Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/18

回想の花18.三春滝桜 (福島県三春町・2021年4月11日)

大横綱の風格 三春滝桜

  福島県は樹齢千年の三春滝桜を筆頭に、全国的にもの古木が多いといわれている。アマチュアカメラマンの手による「1本桜番付表」を参考に、福島県中通りにある1本をめぐった。滝桜は日本三大桜の一つで、例年全国から大勢の花見客が訪れる。だが、ことしは新型コロナウィルスの感染防止のため、飲食店の出店や夜間のライトアップなどが中止され、滝桜の周りは閑散としていた。


   三春町の滝桜は、一本桜番付表では東の横綱にランキングされている。しかしながら、悠久のときを経てもなお美しい花を咲かせる風格は、並みいる「力士」を圧倒し他の追随を許さない。相撲でいえば連戦連勝を記録した双葉山や大鵬などの大横綱だ。ちなみに三大桜とは、岐阜県本巣市にある根尾谷の薄墨桜、山梨県北杜市にある山高神代桜、そしてこの三春滝桜である。

  みちのくの城下町・三春町の市街地から南へ4km、ダム湖「さくら湖」近くの窪地にポツンとある1本の枝垂れ桜が滝桜だ。冬期間は大きなゴツゴツした木肌の老木 (推定樹齢千年のエドヒガン系紅枝垂) だが、北国の遅い春の陽射しを浴び、まるで流れ落ちる滝のように薄紅色の優美な花を咲かせる。(三春町・みはる観光協会のパンフ参照)


 正 面 (東面)
P4110006


 菜の花とのコラボ
P4110004


 北東から
P4110011


 北 面
P4110016


  背  後 (西面)
P4110019


 南 面
P4110020


 青空に映える滝桜
P4110029


 滝が流れ落ちるように咲く
P4110032


 滝が流れ落ちるように咲く
P4110031


 軽トラ市 (さくら号)
P4110035


 樹齢千年の国指定天然記念物
P4110026


 福島県内1本桜番付表
2022年1本桜番付表

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/17

回想の花17.地蔵桜 (郡山市・2021年4月11日)

紅枝垂地蔵桜

   紅枝垂地蔵桜は三春滝桜の娘といわれ樹齢はおよそ400年、「1本桜番付表」で西の横綱にランクインしている。鳥が羽を広げたような長く枝垂れた枝ぶりは、滝桜に似ている感じがしてみごとだ。ところが地蔵桜の花びらの色は、「紅枝垂れ」と呼ばれるだけあって滝桜よりも紅色が濃く妖艶な雰囲気が漂う。桜の根元には、昔から赤子の短命、夭折の難を逃れるために願をかけていたと伝わる地蔵堂がある。 (案内板参照)


 北方から ... ここが「正面」だろうか
P4110061


 周辺の風景
P4110066


 青空に映える紅枝垂れ ... 色が濃く妖艶な雰囲気が漂う
P4110069


 推定樹齢400年
P4110062


 根元に鎮座する地蔵堂
P4110063


   南方から
P4110068


 遠くに安達太良連峰を望む
P4110024


 残雪の安達太良連峰
P4110026


 福島県内1本桜番付表
2022年1本桜番付表
Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/16

回想の花16.不動桜 (郡山市・2021年4月11日)

上石の不動桜
地図

  福島県は樹齢千年の三春滝桜を筆頭に、全国的にもの古木が多いといわれている。アマチュアカメラマンの手による「1本桜番付表」や、観光交通会社が作成した「枝垂れ桜花番付」を参考に、福島県中通りにある一本をめぐる。11日は、滝桜 (三春町) ~ 上石の不動桜 (郡山市~ 紅枝垂地蔵桜 (郡山市をめぐった。

  郡山市中田町上石の不動桜は樹齢およそ350年と推定され、樹高16mで幹周りが5.3mの枝垂れ桜。枝張りは東西に18m、南北に16.5mあり傘状に広がっている。桜のそばに不動明王を祀るお堂があるところから「上石の不動桜」と呼ばれてきた。このお堂は幕末、上石に移り住んだ三春藩士が寺子屋として使用、近隣の子どもたちを教えた場所と伝えられている。 (中田町観光協会のパンフ参照)  枝垂れ桜花番付で東の大関にランクインしている。


 不動桜の遠景
P4110037


 周辺の風景
P4110057


 不動堂へ
P4110051


  参道の石段
P4110052


 青空に映える
P4110053


  樹齢350年
P4110059


 菜の花とのコラボ
P4110038


 ここがベストアングル
P4110043


 枝垂桜花番付
枝垂桜・花番付

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/15

回想の花15.雪村の桜 (郡山市・2018年4月6日)

雪村の桜

   福島県は樹齢千年の三春滝桜を筆頭に、全国的にも桜の古木が多いといわれている。アマチュアカメラマンの手による「1本桜番付表」や、観光交通会社が作成した「枝垂桜花番付」を参考に、福島県中通りにある一本桜をめぐる。

 室町~戦国時代の画僧・雪村が晩年を過ごしたとされる雪村庵聞こえるのは風の音だけという静寂に、竹林の緑と桜の薄紅色が美しいコントラストを奏でている。樹齢400年のエドヒガンの枝垂桜と竹林、赤い屋根の庵が織り成す風情は、まるで水墨画のような雰囲気を醸し出していた。1本桜番付表で東の関脇にランクインしている。


 全 景
P4060094


 竹林を背景に紅梅が映える
P4060093


 屋根の赤と竹林の緑
P4060088


 雪村庵
P4060090


 エドヒガンの枝垂桜
P4060089


 背後の竹林に映える ... 水墨画の世界
P4060092


福島県内1本桜番付表
2022年1本桜番付表

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/14

回想の花14.越代の桜 (福島県古殿町・2021年4月20日)

 越代の桜
地図

 福島県内にある1本桜の品種は、ほとんどがエドヒガンやシダレザクラだが、この越代の桜は珍しくヤマザクラである。樹高20mで周囲7.1m、樹齢はおよそ400年だ。風格と華麗さを兼ね備えた県南で指折りの名木である。この地方の神木として尊ばれ、観桜・親睦の場として親しまれてきた。(古殿町設置の案内板・参照)  福島市の自宅から古殿町の越代の桜まで、往復の走行距離は198.3kmだった。

 県内の写真愛好家がつくる「桜を愛するアマカメラマンの会」が昨年、2020年版の「1本桜番付表」を作成。横綱に三春町の滝桜、郡山市の紅枝垂地蔵桜に加え、新たに古殿町の越代の桜を選んだ。新横綱の越代の桜は、阿武隈山地に400年以上咲き続ける風格ある一本桜で、全国のカメラマンの人気も高い。(福島民友新聞2020年2月18日付・参照)


 案内板
P4200025


 水仙とのコラボ (南方から)
P4200020


 水仙とのコラボ (南東から)
P4200031


 水仙・チューリップとのコラボ (南方から)
P4200036


 水仙・チューリップとのコラボ (南方から)
P4200035



 道向かいの芝桜
P4200029


  東方から ... ここが「正面」かな?
P4200017


 青空に映えるヤマザクラ
P4200027


越代の桜・横綱昇進

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/13

回想の花13.戸津辺の桜 (福島県矢祭町・2020年3月26日)

戸津辺の桜
地図

 「樹齢約600年といわれる古木が、例年より一週間ほど早く見頃を迎えた。早春の青空に映える優雅な立ち姿が、訪れる花見客を魅了している。 (戸津辺の桜は)  県指定天然記念物のエドヒガンザクラで、高さは約十八メートル。JR水郡線脇の田園地帯の丘陵地にそびえる。つぼみの膨らみや開花具合により、農作業の開始時期を告げる桜として、地元で長く愛されてきた。」(3月28日付福島民報)

 「1本桜番付表」で東の大関にランクインしている戸津辺の桜は、県内で最初に開花するという。「七分咲き」のニュースを知り出かけてきた。矢祭町は福島県の最南端に位置し、阿武隈山地を流れる久慈川は町内を南北に貫き南は関東平野に開けている。
 県北の福島市を朝8時に発ち、国道4号線を南下し須賀川市の大黒町交差点で左折。さらに国道118号線を南下、矢祭町戸津辺までの
走行距離は116.9km要した時間は3時間 ... 遠い!!!


   遠 景
P3260002


 樹下の花見客
P3260004


 高さ約18mの優雅な立ち姿
P3260006


 推定樹齢600年のエドヒガン
P3260008


 支柱と板敷の回廊で桜を保護
P3260013


  県指定天然記念物
P3260010


 青空に映える薄紅色の花
P3260015


 複雑に枝分かれしている
P3260017


 福島県内1本桜番付表
2022年1本桜番付表

Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved
2024/01/12

回想の花11・12 久遠寺の桜・神代桜 (山梨県身延町・2010年3月22日)

 身延山 久遠寺 から桜前線北上
 
 身延山久遠寺は日蓮聖人が1281年に開創、日蓮宗の総本山として現代に至る。久遠寺の周辺では桜を見かけることが多く、また境内にもたくさん桜が植えられていて参拝者を癒してくれる。♪ 今回は時間がないので、三門周辺の桜を撮影するにとどめた。


 三 門
P3225331


 三門脇の桜
P3225333


 枝垂桜は1分咲
P3225334


 青空に映える桜
P3225335



山梨県北杜市・2007年7月28日

日本最古の 神代桜
 
 07.7.28   精進ケ滝に行く途中、北杜市の旧武川村山高地区にある神代桜をに立ち寄った。実相寺の境内にあるエドヒガンザクラで推定樹齢は2000年、根回り13mは国内最大級だ。岐阜県本巣市の旧根尾村にある薄墨桜、福島県三春町にある滝桜とともに日本三大桜のひとつで、1992年に国の天然記念物に指定された。

 北杜市は、NHKの大河ドラマ「風林火山」の放映にあわせ、武田信玄の館を再現した風林火山館を建設するなど一大キャンペーンを展開している。桜の開花時期でもないので、こちらのほうは訪れる人もなく閑散としていた。

 悠久の時の流れのなかじっと風雪に耐え、ただの一度も休むことなく花を咲かせてきたのでしょう。


P7280041


 開花時の写真 (北杜市観光協会から引用)
220408sakura_01

 
Copyright  (C) 2007-2024 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved