fc2ブログ
2023/11/27

景観100選 8 花見山の色とりどりの花木 (2013年4月15日)

花見山の色とりどりの花木 
地図

 花見山は、写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称え、毎年訪れていた場所である。四季折々に蝋梅、梅、サンシュユ、レンギョウ、桜、花桃、木瓜、木蓮など美しい花々が競艶。花木農家がつくる福島を代表する景観だ。とりわけ桜と花桃が咲くこの時期は百花繚乱、全国から大勢の花見客が訪れる。  (福島市観光協会のパンフ参照)


 花見山から眺望する残雪の吾妻連峰
P4159324


 花 桃 (ハナモモ)    桃の園芸種で花が美しいものを花桃という。
P4150001


 木瓜 (ボケ)  日本に古くからあり庭木として植えられていた。紅色や白色の丸みを帯びた花をつける
P4150004


 ここが最高のロケーション!!!
P4159273


 連 翹 (レンギョウ)   枝は直立し4枚の花びらを持つ黄色い花が咲く。
P4150008


 雪 柳 (ユキヤナギ) 
P4150007


 サンシュユ    黄色い小さな花で線香花火のような形をしている。
P4159287


 東海桜 (トウカイザクラ)   桜の園芸種で薄紅色の5弁花をつけ、花弁の基部は色が濃くなる。
P4150027


 利休梅 (リキュウウメ)  明治末期に中国から渡来。4~5月、枝先に白い花を6~10個咲かせる。
P4150029


 花 桃 (ハナモモ) 
P4150005

Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト