fc2ブログ
2023/09/18

回想の城287.今帰仁城跡

沖縄県今帰仁村・2012年9月6日

今帰仁城跡 (なきじんじょう・世界遺産)
地図

 今帰仁城は、沖縄県の北部にあるグスク (石垣で囲まれた城郭) で、琉球王国に統一される前の三山時代、北部一帯を支配していた北山王の居城だった。琉球王国が成立してからは、首里王府から派遣された監守が常駐した。監守が引き上げた後は、祭りを行う場所として残された。
 
 このグスクは13世紀の築城と推定され、石灰岩の石塊がそのまま積み上げられている。城壁が自然の地形に合わせて美しいカーブを描き、10の城郭を形成。その長さは1500mに及び、スケールの大きさは首里城に匹敵する。城内には王座や祭祀場などもあり、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されている。
 
 本土出身のボランティアガイドの方から、1時間以上も詳細なご説明をしていただきました。ほんとうにありがとうございました。m(__)m 


 
今帰仁城跡は世界遺産

 P9066682


    平郎門
P9066684


 古くからの通路
P9066686


 カーザフ    カーは川や泉を、ザフは迫で谷間を意味するという。
P9066687


 大 隅    戦時に備え兵馬を訓練した場所と伝わり、もっとも高い石垣が築かれた。
P9066691


 大 庭  大庭を取り囲むように正殿、北殿、南殿が配置され、行事などに利用された重要な広場だ。
P9066688


 御内原  城で仕えた女官の生活の場所と伝えられ、城内でも神聖な場所となっている。 
P9066697


 石 垣 
P9066700


 ボランティアガイドの話では、当初からの石垣と復元された石垣が連続しているという。
P9066701


 マップ
今帰仁城マップ


Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト