fc2ブログ
2022/11/08

回想の山130.縄文杉

鹿児島県屋久島町・2014年3月12日

往復21.2kmの 縄文杉トレッキング
 
    早朝4時に起床、4時30分には安房の民宿を発つ。途中、民宿が頼んでいた「日の出弁当」で朝食+昼食を受け取り、レンタカーで荒川登山バスの発着場となっている屋久杉自然館へ向かった。10分もしないうちに屋久杉自然館に到着、駐車場にレンタカーをデポし登山靴に履き替える。荒川登山バスの始発は5時、発着場に並んでいる登山客は100人ほどはいただろうか。ほとんど春休みを利用した大学生と思しき若い人だった。
 
 バスに揺られること30分ほどで荒川登山口に着いた。しかし、登山口の周辺は漆黒の闇、若い人は明るくなってから出発するつもりか、朝食の弁当を食べ始めた。スピードに自信のない私は、ヘッドランプを装着し5時40分にトロッコ道を歩き始める。
 
 歩き始めるとすぐトロッコ道 (森林軌道) の高い鉄橋を渡り、素掘りのトンネルを抜ける。小杉谷を遡るコースは特徴ある産業遺産 (森林軌道) をたどる道でもある。安房川の長い鉄橋を渡ると小杉谷小中学校跡国有林の伐採基地があったところで、かつては500人ほどが暮らしていたという。6時36分、明るくなってきたのでここのベンチで朝食をとった。
 
 トロッコ道をさらに進むと楠川分かれ、右に曲がるときのう歩いた白谷雲水峡へと続く。三大杉を通過して延々とトロッコ道を歩くと、大株林道入口に到着。ここでトイレ休憩をする。軌道わき階段道が大株林道、いきなりの急登だ。アップダウンしながらしばらく行くと、9時09分、苔に覆われたウィルソン株があった。
 
 ここから急な登りが続き、水場と呼ばれる沢地がある。手で冷たい沢水を掬って飲み小休止。大王杉の下を通り、夫婦杉のあたりから世界遺産の登録地になるとガイドが説明していた。木道や木の階段に積もった雪が凍ってツルツル滑る。屋久杉自然館から3月の縄文杉には雪はないと聞いていたのだが...。小さな沢を下って登ると10時50分、眼前に森の巨人縄文杉が出現。
 
 根を踏まぬよう設けられた縄文杉の展望デッキも凍っている。幹に瘤を盛り上げ王者の風格がある姿を写真に撮り、引き返した。大王杉とウィルソン株の中間点付近まで降ったところで昼食にする。さらに下って大株歩道入口でトイレ休憩。
 
 大株歩道入口から再び平坦なトロッコ道を延々と歩く。途中、安房川の清流がきれいに見えるところで休憩。小杉谷集落跡を過ぎたあたりでぽつぽつと雨が降ってきた。レインスーツを着るのもザックカバーを装着するのも面倒で、傘をさしてそのまま歩いた。荒川登山口16時30分発のバスにすべり込みセーフ...。
 
 縄文杉への往復に要した時間はおよそ10時間50分、標準タイムが9~10時間だから1時間ほど遅れたことになる。そういえば追い抜かれたことはあっても、誰一人追い越したことはなかった。ほとんどが20代の若い人で、還暦を過ぎた登山者など私しかいなかった。あたりまえの話か...。


 6時36分 小杉谷集落 (ここで朝食)
P3120014


 7時28分 トロッコ道が続く ... あたりが明るくなってきた。 
P3120018


 9時09分 ウィルソン株
    標高1,030m地点にあり推定樹齢2,000年。大正時代に屋久杉を調査し、大株を紹介したアメリカの植物学者ウィルソン博士にちなんで名付けられた。およそ300年前に伐採された切り株で、中は大きな空洞になっており、根際には次世代の3本の小杉が生えている。
P3120024


 内部は空洞 
P3120025


 10時50分 縄文杉とご対面
P3120030


 縄文杉の上部 
  島いちばんの巨木として君臨する縄文杉 ... 幾千年ものときを経て存在するその姿に、言葉で言い尽くせぬ大きな感動を覚える。
P3120037


 縄文杉 ... 日本で最も太い杉
    標高1300m地点にあり樹高25.3m、幹周16.4m。背が低いずんぐりした樹形は、台風の常襲地帯に育つ屋久杉の特徴をよく表している。また凹凸の激しい幹は、江戸時代に利用できない巨木として切り残されたことを示す。樹齢7200年という説もあるが、中心部が空洞になっており、その内側から採取した資料の科学的計測値は2170年となっている(屋久杉自然館のHP参照) 
P3120032


 しかし遠かったな~ ようやっと辿り着き思わずVサイン ♪
1


 縄文杉周辺にはが積もっていた
P3120045


 マップ
マップ


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
スポンサーサイト



2022/11/07

回想の山129.宮之浦岳

鹿児島県屋久島町・2014年3月11日

世界遺産 宮之浦岳 (百名山・1936m)

地図

 白谷雲水峡は標高600~1050mにあり、面積はおよそ424ha。昭和49年3月、気軽にハイキングできる森林レクリエーション地区として、荒川地区の屋久杉ランドとともに自然休養林に指定された。ハイキングコースは弥生杉コース (約1時間)、 奉行杉コース (約3時間)、太鼓岩往復コース (約4時間) があり、体力や時間に応じて選択できるようになっている。私は弥生杉+太鼓岩往復コース (約5時間) を選択。南国とはいえ標高600mはかなり寒い、マウンテンパーカの下にフリースを着こんで出発だ。 

 4頭のヤクシカとの別れを名残惜しんで遊歩道を進むと、太鼓岩往復コースに合流しさつき吊橋に出た。そして、この吊橋を渡って急な山道を登ると、江戸時代の伐採に使われた楠川歩道に合流。道を右にとって進み昔の敷石が残る歩道を辿った。やがて沢を渡ると奉行杉コースとの分岐。そして、屋久杉のトンネルくぐり杉を抜け、無人の避難小屋白谷小屋の前で休憩だ。

 ガイドのアドバイスに従って、ベンチのある辻峠から右の尾根に道をとった。しばらく急坂を登ると突然視界が開ける ... そこが太鼓岩。尾根に突き出した巨大な岩の上で、宮之浦岳を頂点とする山々の大展望台だ。眼下には安房川の流れと小杉谷が手に取るように見える。太鼓岩は屋久島でも指折りの絶景スポットで、標高1050mから望む大パノラマに感動!!!  疲れも吹っ飛んだ。
 

 シカの家
P3111708


 ヤクシカがこっちを見てる
P3111618


 太鼓岩 (標高1050m) からの展望 
P3111676


   安房川
P3111692


 宮之浦岳方面 (日本で最初の世界自然遺産エリア) を望む 
P3111675


 冠雪の宮之浦岳と翁岳 (左)
  「洋上アルプス」と呼ばれる屋久島、南国なのに意外にも雪が積もる。
P3111682


 九州最高峰の宮之浦岳 (百名山・1936m) 
P3111690


 巨大な岩塔 翁岳 (1860m) 
P3111684


 永田岳 (1886m) とロウソク岩
P3111686


 ロウソク岩
P3111687


 マップ
白谷雲水峡マップ


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
2022/11/06

回想の山128.霧島山 ~ 開聞岳

宮崎県小林市・2004年5月

主峰は韓国岳 霧島山 (百名山・1700m)
地図

 2004年5月の連休、屋久島に行く途中、霧島連山の主峰韓国岳に登った。鹿児島空港で予約していたレンタカーを借り、霧島神宮前のユースホステルに前泊。


 翌朝、レンタカーで登山口がある宮崎県えびの高原へ。駐車場に車をデポし、溶岩の斜面を登り始める。硫黄山の噴気帯を通って、落葉樹林に覆われたゴロゴロ石の坂を登る。開けた台地状の5合目を過ぎると、赤茶けた溶岩の急登だ。やがて、8合目あたりから眼下に大浪池が見えてきた。

 火口壁を巻いて登り韓国岳山頂に着く。山頂からは、天孫降臨の神話が伝えられる、秀麗な高千穂峰を望むことができた。


    湯 滝
P4300002


 登山口があるえびの高原
P4300004


 韓国岳を仰ぐ
P4300003


 眼下に見る大浪池
P4300005


 韓国岳山頂で
P4300008


 天孫降臨伝説がある高千穂峰を望む
P4300013



2004年5月・鹿児島県指宿市

薩摩富士 開聞岳 (百名山・924m)

 開聞岳は標高こそ924mで1,000mにも満たないが、海中から突き出たような円錐形の山で、「薩摩富士」ともよばれる美しい山容を誇る。

 まず、開聞岳が御神体という麓の枚聞神社に参拝し、登山の安全を祈った。この神社が1合目なのだが、公園のそばにある駐車場にレンタカーを停めて2合目から登山を開始。地図を見るとちょうど時計回りにらせん状に登る。登山道の左右はシダが茂り、頭上は照葉樹が覆っている。

 5合目を過ぎたあたりから、長崎鼻や佐多岬などの眺望がひらけてくる。足元の岩礫や砂礫が安山岩に変わってくると7合目で、仙人洞という洞窟があった。この辺からは太平洋を一望できる。さらに、巨石のブロック帯を巻いて、木製の階段をのぼるとすぐ頂上だ。頂上からは池田湖、桜島、佐多岬、そして遠く屋久島も見ることができた。ただ、昨日の霧島連峰韓国岳に続く登山で、少々バテ気味だった。

 特攻平和記念館で知ったのだが、知覧の基地を片道燃料で飛び立った若き特攻隊員たちは、この開聞岳を横目に見て死を覚悟したという。「さらば開聞、さらば日本、さよならお母さん.. 」



 長崎鼻から
P1010060


 開門 (ひらきき) 神社
P1010054


 仙人洞
P5010022


 山頂から見下ろす池田湖
P5010025


    山頂で
P5010024


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
2022/11/05

回想の山127.九重山 ~ 阿蘇山

大分県・2012年6月4日

ミヤマキリシマ咲く 九重山 (百名山・1791m)
地図

 九重連山は、九州本土の最高峰の中岳 (1,791m) をはじめ1,700m以上の山が10座もあり、九州の屋根と言われている。かつて、山の名前は「九重」と「久住」 のどっち ... の論争があってなかなか収束しなかった。近年、「九重山」を山群の総称として、また「久住山」を主峰 (1,787m) の山頂名と呼ぶことに落ち着いたようだ。その背景には、大分県久住(くじゅう)町と九重(ここのえ)町の引き合いがあったという。
 
 ほとんどがトロイデ型の休火山で、一部を除いて樹木は少なく草原で覆われている。そして、いたるところにミヤマキリシマの群落があり、国指定の天然記念物となっている。山群の北には飯田高原、南には久住高原があり、国内屈指の美しい火山性草原。また、山群の中心部にある少盆地が「坊がつる」で、その南端に法華院温泉 (標高1303m) がある。 
 
  6月4日、南阿蘇村の温泉旅館を出発 ~ 国道57号線 ~ 県道11号線 (山なみハイウェイ) ~ 池山水源(名水百選) ~ 山なみハイウェイ ~ 登山口の長者原ビジターセンターに到着。センター前の駐車場に車をデポし、登山靴に履き替え九州自然歩道を歩き始めた。トレッキングのお目当てはなんといってもミヤマキリシマの群落。登山道の傍らにも咲いてたし、山頂付近を見上げるとポツポツとピンク色に染まっており、期待で胸が高まる。♪
 
 坊がつるに着いたのはちょうどお昼ごろだった。ところが昼食を済ませこれから登ろうというとき、雲行きが怪しくなって無情の雨。ミヤマキリシマの群落を間近で見れる大船山の段腹か平治岳まで登り、法華院温泉に泊まることも考えた。しかし、今後の旅行日程を考慮し、後ろ髪引かれる思いで引き返すことに。 この日は「やまなみ牧場」の温泉  に浸かり、長者原ビジターセンターの駐車場で無念の車中泊となった。


 雨ケ池付近 
P7120001


 ミヤマキリシマの群落
P6046076


 ミヤマキリシマ 
P7120008


 坊がつるキャンプ場
P7120009


 急にガスってきた
P7130012


 ミヤマキリシマでピンク色に染まる山頂付近
P7130018



2012年6月3日・熊本県

世界最大のカルデラ 阿蘇山 (百名山・1592m)
地図

 阿蘇山は、カルデラの山々とその中央部にあるいくつかの火山で構成されている。このカルデラは周囲128km、東西の内径18km、南北の内径24kmで、7つの町村と鉄道や温泉を抱え世界最大だ。 

 登山対象となるのはカルデラの山々と中央部の山々で、カルデラ北側の山が北外輪山、南側が南外輪山だ。中央部の山々は中央火口丘群で、東から根子岳、高岳 (最高峰)、中岳、烏帽子岳、杵島岳と東西方向に並び阿蘇五岳と呼ばれている。
 
 阿蘇山は今なお噴煙を上げ、ときどき遭難者を出す活火山。 風向きによっては有毒な火山ガスが流れて危険な状態になる。仙酔峡ロープウェイが運休で登山は断念せざるをえなかった。  


 火口を示す標柱
P7120012


 噴煙を上げる中岳火口 
P7120017


 火口の中をのぞいて見ると ... 
P6036045


 グランドキャニオンを彷彿とさせる景観
P6036052

 
 砂千里方面 
P6036051


 高岳 (標高1592m) 
P6036042


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved. 
2022/10/29

回想の山120.石鎚山 ~ 剣山

愛媛県久万高原町・2007年5月2日

修験の山 石鎚山 (百名山・1982m)
地図

 西条市と久万高原町にわたって鎮座する石鎚山は、日本七霊山に数えられる名峰である。古来より修験の山として知られ、信仰登山が盛んで、そのシンボルが表参道にある鎖場だ。鎖場は一般登山者にみ解放され、石鎚山ならではの登山を体感できる。

 5月2日は5時頃に起きて登山の準備を始めたが、ガスっているうえに雨が降っている。気が滅入るけど、四国周遊のスケジュールがあるので、中止するわけにはいかない。レインウェアを着込んで、6時ちょっと前に登り始めた。雨はそんなでもないが、ガスが晴れず視界がきかない。緩やかなのぼりが続き、途中1回だけ休憩した。

 鎖場では、ガスって視界がないのと風が強いことから、安全な巻き道を登った。頂上小屋に着いて中に入ってみると、3~4人がストーブで暖をとっている。山頂はどこかとたずねたら、反対側のドアを開けて30秒という答えが返ってきた。午前10時55分に下山した。



 案内板
P5020100


 山頂付近もガスっている
P5010098


 中間点にある道標
P5020101


 霧で霞む登山道
P5020102


 赤い涎掛けが印象的
P5020106


 石鎚神社頂上社
P5020105



2007年4月30日・徳島県三好市

たおやかな山頂 剣 山 (百名山・1955m)
地図

 うだつの脇町を見てから、貞光町で国道192号から498号に方向転換し、剣山をめざした。登山口の見ノ越には10時前に着いたが、貞光町から見ノ越までの498号は、対向車がすれちがえないほどの狭い道で、ハンドルを握っていると神経が磨り減る感じだ林道のわきに咲いていた大山桜やヤシオツツジがとてもきれいだった。

 下山後に、平家落人の里として有名な祖谷渓をまわる予定もあって、登山リフトを利用して登ることにした。見ノ越から西島まではリフトで、西島からは最短の尾根コースを選んだ。木道に導かれ10時30分には山頂に到着、40分ほど歩いただけだった。

 当日は快晴で、頂上からの眺めは申し分なかった。写真を撮ったりひと休みしてから、大剣神社のコースを下山。名水百選のひとつ剣山御神水があるからだ。


 夫婦池

P4300038


   山 桜
P4300047


 剣山 山頂
P4300042


 山頂からの展望
P4300040


Copyright (C) 2007-2022 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.