fc2ブログ
2023/10/12

回想の湯22.湯の峰温泉 ~ 天の川温泉

和歌山県田辺市・2010年5月1日

日本最古 湯の峰温泉 (世界遺産)
地図

 湯の峰温泉は、約1,800年前に発見された日本最古の温泉。熊野本宮へ詣でる前に、古の巡礼者はここを湯垢離場(ゆごりば)として身を清め、長旅の疲れを癒してきた。平成16年7月、世界遺産としては唯一、入浴できる温泉として登録された。
 
 谷あいに湧出する天然の岩風呂「つぼ湯」は、1日に7度も色が変化するという。また、小栗判官が、妻照手姫の献身でこの湯に浸かり、死の淵から息を吹き返したという「小栗判官物語」の伝説が残されている。 (田辺市のHPを参照)


 東光寺の境内に湯の峰王子がある
P5020050


 湯花が自然に積もり薬師如来の像になったと伝わる
P5020051


 小栗判官 (蘇生) 物語の説明板
P5020049


 有名なつぼ湯 ... 入浴するのに4時間待ちで断念!
P5020046


 宿泊した民宿
P5020053



奈良県天川村・2008年5月8日

高野槙の湯舟 天の川温泉

 天河弁財天神社の近くにある民宿で夕食を済ませた後、そこから歩いて5分ほどのところにある天の川温泉に行ってみた。無色透明な湯で入浴料は600円。何故「美人の湯」なのか、いまいちはっきりしなかったが...。(^.^)


 「美人の湯」
P5030076


 木にこだわり、吉野杉や桧・松・楓などを使用
P5030073


 高野槙の湯舟
P5030075


Copyright (C) 2007-2010 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
スポンサーサイト



2023/10/11

回想の湯21.親谷の湯 ~ 道後温泉

石川県白山市・2010年8月1日

姥ケ滝目前 親谷の湯
地図

 親谷の湯は、姥ケ滝 (百名瀑) を目の前にしたところにある露天風呂だ。案内板には「下り20分・上り30分」との表示がある。これでは上りでまた汗をかいてしまうなぁ。 (^^ゞ 蛇谷園地駐車場から100mほど急な道を下り、そして渓流沿いの遊歩道を歩く。親谷の湯は、川底から湧き出る温泉を引湯しただけの素朴な野天風呂、昔から山仕事をする人たちが湯治をしていたという。効能が高く、どんな難病でも治ることから「ドスの湯  」とも呼ばれていた。


 親谷の湯入口
P8017562


 親谷の湯までの下り坂
P8010065


 親谷の湯まで356m
P8010064


 露天風呂が見えてきた !
P8010060


 足湯に浸かるカップル
P8010063


 足湯と化した露天風呂 ...  とてもスッポンで湯に浸る気にはなれない (~_~)
P8010062


 百名瀑の姥ケ滝 (落差100m)
P8017580



松山市・2007年5月1日

「坊ちゃん」の舞台 道後温泉
地図

 松山といえば、おの他はなんといっても道後温泉である。道後温泉本館は、3000年の歴史を誇る道後の湯を引く公衆浴場で、1日平均3000人が訪れる道後温泉のシンボルだ。ビルの谷間に古めかしい木造の建物がぽつんととり残された感がある。


 その他にも、坊ちゃん列車や市内回遊の坊ちゃんバスやチンチン電車など、レトロなものが多く見うけられた。ちょうど正午で、カラクリ時計が動くのも見れてラッキーだった。



 本館入口
P5010086


 本館全景
P5010088


 坊ちゃん列車
P5010090


 坊ちゃんバス
P5010082


 正午に動いたカラクリ時計
P5010085


Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
2023/10/10

回想の湯20.渋温泉

長野県山ノ内町・2015年6月5日

高層木造旅館が建ち並ぶ 渋温泉
地図

 信濃の奥座敷と称される渋温泉は、行基によって発見されたと伝わる、1300年もの歴史を有する温泉だ。戦国期には、武田信玄が開基した横湯山温泉寺によって経営され、現在の渋温泉の基礎がつくられた。横湯川の右岸沿いに木造多層構造の旅館が建ち並び、昔ながらの情緒を佇む温泉街である。

   今も残る9箇所の外湯はこの頃から始まったらしく、外湯の九湯めぐりは「九労(苦労)を流して念願成就と不老長寿のご利益がある」とされている。さらに、江戸時代になると松代藩の保養地となり、藩主の真田公をはじめ家臣も多く訪れるようになった。しかし、渋温泉は明治初期の大火で全焼、江戸期の建物はほとんど焼失してしまう。

    最も古い建物はかつて真田家の本陣をだった「つばたや旅館」で、その他の木造旅館は全て昭和期に建てられたものである。国の有形文化財に
登録されている「金具屋」も、同じく昭和初期に建てられたものだが、宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」のモデルといわれる必見の建物だ。(町並みWeb集団「いらかぐみ」メンバーの「一路一会」参照)


 温泉入口の和合橋
    そういえば、「千と千尋の神隠し」でも温泉旅館の前に赤い欄干の橋が登場したね。

P6056005


 足 湯 
  渋温泉の旅館に宿泊しなければ外湯巡りはできないという、やむなく足湯で我慢。
P6056012


 足湯  に浸かってみる
P6055994


  一番湯  初湯
P6055978


 二番湯  笹の湯
P6055976


 三番湯  綿の湯
P6055975


  四番湯  竹の湯
P6056003


  五番湯  松の湯
P6056002


 六番湯  目洗湯
P6056000


 九番湯  渋大湯 (ここは女湯で男湯は反対側にある)
P6055988


 つばたや旅館 (正面)
P6056010


 「真田家旧本陣」と記されていた
P6056008


 「千と千尋の神隠し」のモデルになったとされる金具屋
P6055982


 しかし、モデルになったとされる旅館には松山市の道後温泉、岡山県湯原温泉の油屋、群馬県四万温泉の積善本館、山形県銀山温泉の能登屋など ... 諸説ある。
千と千尋


  金具屋斉月楼 (4階建て)
P6055981


 昭和初期に建築された国登録有形文化財
P6055985


 木造3階建の旅館
P6056016


 木造3階建の旅館

P6056015


 定番の温泉玉子
P6055987


 温泉マップ
渋温泉マップ


Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
2023/10/09

回想の湯19.切明温泉 ~ 松代温泉

長野県栄村・2009年8月1日

手掘りの 切明温泉
地図

 
切明温泉は雑魚川と中津川の合流点に位置する秋山郷の奥座敷で、渓谷をはさんでそびえる苗場山鳥甲山の美しい姿は絶景だ。川原に温泉が湧いていて、手堀りで露天風呂を楽しむことができる。 私は、時間がなくて一軒宿・雄川閣の露天風呂だったが、渓流を渡る風に吹かれ風呂に浸かる気分は最高。♪


 ここで脱衣を
P8010035


 雄川閣の露天風呂
P8010031


 川原で手掘りの温泉
P8010032


 湯の表面がゆらゆら
P8010033



長野市・2009年5月5日

信玄の隠し湯 松代温泉

 飛騨 ~ 美濃 ~ 信州4泊5日の旅の最後は、ちょっぴり贅沢をして松代温泉に泊まった。
日帰り入浴に来た地元の車で宿の駐車場は満杯。! 宿泊客である私の車を停めるスペースがなく、ホテルのパンフレットに偽りはないと感じさせられた。

 「松代の温泉には、鉄分やナトリウム・カルシウムなどたくさんの成分が入っており、特異な泉質と言われています。川中島の合戦のときには、隠し湯として兵士の傷と疲れを癒したという由緒ある名湯。信玄の隠し湯として昔から地元の人に親しまれてきた、最高級の泉質をごゆっくりとお楽しみください。」(ホテルのパンフ) 


 男湯入口 
P5060197


 内 湯
P5060199


 露天風呂
P5060202


 つぼ湯にも入ってみた
P5060201


 効能をPR
P5060204


Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.
2023/10/08

回想の湯18.木賊温泉石風呂 ~ 金山炭酸泉

福島県南会津町・2015年6月22日

木賊 (とくさ) 温泉石風呂

   南会津町の会津田島祇園会館を見学・昼食 ~ 国道289号 ~ 駒止トンネル ~ 旧南郷村 ~ 国道401号 ~ 国道352号 ~ 旧舘岩村の前沢曲家集落を見学 ~ 木賊温泉
   ブログ友のhiroさんが評価している木賊温泉岩風呂に浸かってみた。

 木賊温泉は南会津町の旧舘岩村、西根川沿い標高795mの地にあり、およそ900年前に発見された歴史ある温泉だ。川のすぐ側にあるため、豪雨による西根川の氾濫で施設がしばしば壊れてしまうという。湯小屋の壁には、修復の費用を寄付された方々の名札がかかっていた。   感謝  m(__)m


 駐車場から50mほど下ると
P6220001


 岩風呂のある小屋が見えてきた
P6220002


 200円の協力金赤い箱に
P6220009


 西根川の上流方向
P6220004


 下流方向   河川の氾濫でしばしば施設が壊れる
P6220003


 混浴の露天風呂   ただし女性専用の脱衣室がある
P6220008


 岩風呂   大きな岩盤をくりぬいた熱め温め二つの湯舟、岩盤の間から源泉が自噴している
P6220006



福島県金山町・2014年10月11日

シュワシュワの 金山炭酸泉
地図
 
 金山町玉梨地区の国道400号沿いにある温泉  めぐり。シュワシュワの炭酸泉があると聞き、玉梨地区まで車を走らせた。最初に立ち寄ったのは八町温泉という共同浴場入浴料金は100円、脱衣場は男女別だが混浴の浴槽が一つあるだけだった。 
 
 次に、只見町との境界付近にある大塩温泉露天風呂に立ち寄った。この露天風呂は只見川の川岸にあり、秘湯愛好家のブログによれば、例年3月下旬から5月下旬に入れる季節限定の露天風呂。ところが川底まで降りてみると、満々とお湯を湛えているではないか!入浴したいという衝動に駆られたが、もうじき日も暮れそうなので断念した。
 
 水害で被害を受けたという情報があり、川岸にある大塩温泉共同浴場 (℡0241-56-2525)で確認が必要だ。


 八町温泉・亀の湯
PA114339


 大塩温泉露天風呂は只見川の川岸にある
PA114350


 無料の混浴露天風呂
PA114349


Copyright (C) 2007-2023 ひめさゆり山荘 All Rights Reserved.